ほうきやモップ、清掃用品のことなら株式会社 高砂。大掃除の由来について

掃除に関する豆知識
HOME > 掃除に関する豆知識 >大掃除の由来 すす払い 〜新しい年を迎える清めの日〜

大掃除の由来 すす払い 〜新しい年を迎える清めの日〜

大掃除の由来 すす払い 〜新しい年を迎える清めの日〜大掃除は正月を迎えるにあたり、家の内外を掃除する行事。現在では、多くのご家庭が年末の休みに入ってから行っています。
しかし、江戸時代ではもっと早いタイミングで行われており、江戸城では12月13日がすす払い日と決まっていました。そして、これに習うように、民家でも多くが13日をすす払いの日としていました。
それは、単に掃除をして衛生的に正月を迎えるという目的よりは、年神祭の準備としての信仰的な行事でした。つまり、正月を迎える物忌み(※)の始まるのがこの13日で、そのための準備だったのです。

現在でも13日にすす払いを行うところは多く残っており、徳島県の北部地方では「殿様のすす払い日」といって、神仏だけのすす払いを行います。また、大晦日近くになってから、仏壇や神棚のすす払いだけをする地方もあります。 東北の一部地域では、竹竿の先にわらをくくりつけた「すす梵天」という特別な道具が登場。使用後は、すす梵天を戸外に立てかけておき、松明を灯して神酒を供え、正月が終わると正月飾りと一緒に焼くのが風習です。
なお、寺院などで本尊のすすを取り払うことも「すす払い」といわれます。東京では目黒の不動尊、浅草観世音などが有名で、こちらは毎年12月12日に行われています。

こうした古い伝統を見直し、現代でもご家庭の大掃除を13日ころから始めてみてはいかがでしょう。今日はキッチン、明日はリビングと、計画的に少しずつ行えば、気分的にも楽ですし、体も疲れません。

※物忌み:方角や暦の凶日による災いを避けるため、一定期間、身を清めて家に籠る行為。

ページの先頭へ

株式会社高砂